HOME > 海外不動産投資Q&A > ご購入時のよくあるご質問

投資Q&A

ハワイ不動産ナビで購入していない不動産も売却依頼できるのでしょうか?
もちろん可能です。
不動産売却時にはどのような費用が掛かりますか?
ハワイ州では不動産を売却する際に、譲渡税がかかります。課税額は、物件価格の額および物件のタイプにより若干変わります。また、エスクロー費用、タイトルインシュランスなどが必要となります。またハワイに居住しない外国人に対し、連邦政府および州政府に外国人不動産税として合計15%が源泉徴収されます。ただしあくまで源泉徴収なので、翌年の確定申告である程度還付される場合がほとんどです。
売却時にはどれくらいの仲介手数料が必要なのでしょうか?
基本的に売買価格の6%となります。
売却金額の設定はどのように行えばいいのでしょうか?
BASの提携現地スタッフの査定に基づき検討ください。売却時期やリフォームの必要性なども合わせてアドバイスいたします。
買主のインスペクションについて修理はどれくらい行えばよいのでしょうか?
価格で調整するのが基本ですし、物件の状態によって異なりますので一概には言えません。専門スタッフがサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。
売却時の広告費は誰が負担しますか?
広告費は特別な場合を除き、エージェントが負担いたします。

ハワイ不動産ナビへのお問い合わせ

ハワイのコンドミニアムや別荘・その他不動産についてのお問い合わせやハワイ物件の見学希望もこちらからどうぞ!

会員限定公開(コンドミニアム)

ハワイ不動産ナビ会員様限定でコンドミニアム情報をご覧いただけます。

ハワイ不動産ブログ

シティスタイルでは、お客様のニーズを丁寧に伺い、不動産仲介のコンサルティングを行います。ハワイ現地物件視察の渡航手配から海外不動産購入後の物件管理、税務アドバイスまで一貫した不動産サービスをご提供しております。また、シティスタイルのパートナーである日本やハワイ現地の弁護士・公認会計士・税理士・フィナンシャルプランナー・投資顧問など、不動産はじめ各分野のプロフェッショナルが、お客様の多様なご要望にお応えいたします。

ハワイの不動産投資なら、シティスタイルにお任せ下さい。ワイキキはじめカカアコ・カハラ・ハワイロアリッジ・ハワイカイのコンドミニアム・別荘・商業ビルなど様々な不動産取引を日本及び現地スタッフが日本語で対応しますので安心です。
資産運用や節税をお考えのお客様に対しまして、海外不動産ならではの減価償却費計上対象の違いを利用した節税メリットや円高を生かした為替メリットを活用できるよう、お客様の資産運用をお手伝いさせていただきます。
ワイキキ、アラモアナはじめ、ダイヤモンドヘッドを見渡せるコンドミニアム、トライアングルエリアの別荘、オーシャンビュー物件などお客様のご希望を叶えるハワイの不動産をご紹介いたします。
ハワイでの不動産取引は、海外不動産投資のプロフェッショナルであるシティスタイル『ハワイ不動産ナビ』にお任せ下さい!