HOME > 海外不動産投資事例 > 不動産投資事例3

海外不動産投資事例

小口投資をされたお客様の事例です。海外不動産投資の勉強のために購入され、徐々にその知識を増やしていらっしゃいます。海外不動産の入口としては非常に入りやすく気軽に投資できるため、投資はしてみたいけれども少し不安があるというかたにおすすめです。

海外不動産投資事例

年齢 50代
性別
職業 医師
住所 神戸市
投資経験 区分所有

投資概要

種別 小口投資
購入価格 1000万円
写真

投資概要

初めての海外投資ということで、勉強をかねて小口投資に挑戦してみることにしました。さすがにいきなり多額の投資をするのは勇気が必要だったのと、資産の分散という観点からは、外貨建ての資産を持っておくことが中長期的にも良いだろうと思ったからです。また、不動産は値上がりも値下がりも緩やかで、現物があるため安心感があったことも小口投資を始めた理由です。海外では、日本とは違いレントコントロールといってその区分退去後にリフォームしても賃料が上げられない物件があったりします。小口投資は、あえて賃料の上昇余地があるレントスタビライゼーションを多く含む区分がある物件に投資してるため、そのスタンスにも共感できました。これからも少しずつ勉強しながら、日本だけではない海外の不動産に投資してゆきたいと考えています。

投資概要

まずは勉強。自分の肌感覚で投資のセンスを磨く
少しでもいいから身銭を切って実際にやってみること
リスクが低そうな投資から始めること

ハワイ不動産ナビへのお問い合わせ

ハワイのコンドミニアムや別荘・その他不動産についてのお問い合わせやハワイ物件の見学希望もこちらからどうぞ!

会員限定公開(コンドミニアム)

ハワイ不動産ナビ会員様限定でコンドミニアム情報をご覧いただけます。

ハワイ不動産ブログ

シティスタイルでは、お客様のニーズを丁寧に伺い、不動産仲介のコンサルティングを行います。ハワイ現地物件視察の渡航手配から海外不動産購入後の物件管理、税務アドバイスまで一貫した不動産サービスをご提供しております。また、シティスタイルのパートナーである日本やハワイ現地の弁護士・公認会計士・税理士・フィナンシャルプランナー・投資顧問など、不動産はじめ各分野のプロフェッショナルが、お客様の多様なご要望にお応えいたします。

ハワイの不動産投資なら、シティスタイルにお任せ下さい。ワイキキはじめカカアコ・カハラ・ハワイロアリッジ・ハワイカイのコンドミニアム・別荘・商業ビルなど様々な不動産取引を日本及び現地スタッフが日本語で対応しますので安心です。
資産運用や節税をお考えのお客様に対しまして、海外不動産ならではの減価償却費計上対象の違いを利用した節税メリットや円高を生かした為替メリットを活用できるよう、お客様の資産運用をお手伝いさせていただきます。
ワイキキ、アラモアナはじめ、ダイヤモンドヘッドを見渡せるコンドミニアム、トライアングルエリアの別荘、オーシャンビュー物件などお客様のご希望を叶えるハワイの不動産をご紹介いたします。
ハワイでの不動産取引は、海外不動産投資のプロフェッショナルであるシティスタイル『ハワイ不動産ナビ』にお任せ下さい!