TOPIX

ハワイのコンドミニアム情報

ハワイのコンドミニアム情報
「物件検索」〜200,000ドル以下
200,000ドル以上〜800,000ドル以下
800,000ドル以上〜
  • 新着物件
  • 必見! 値下げ物件
  • きれい! リフォーム物件
  • 購入しやすい借地権物件
  • 差押え、任意売却物件
  • 納得! 利便性重視物件
  • オーシャンビュー物件
  • 上層階物件(15階以上)
  • ゴルフ場近接物件
  • ホテルコンド物件
  • 投資用コンド物件
  • 全物件

 ハワイの不動産選びのポイントは、「購入目的」「不動産投資経験」「予算」によってそれぞれのお客様に適した不動産が異なってまいります。自己使用が全くない場合のコンドミニアムと年に数回自己使用したい場合のコンドミニアムでは、同じご予算でも適した物件が異なります。
 また、日本では考えられない築年数が古いコンドミニアムも多く存在し、人々が普通に生活をしています。1970年代に建築されたコンドミニアムはもちろん、1950年代後半のものまで不動産流通しています。不動産投資する場合は新築や築浅物件にこだわらず、賃貸募集しやすいエリアや間取り、賃料価格帯にこだわるべきだと思います。
 ご自身が住まわれる場合は新築物件にこだわっても良いと思いますが、ハワイで新築物件は数が限られていますのでリフォーム物件なども検討物件に入れて探してみると良いと思います。

ハワイの別荘情報

ハワイの別荘情報
「物件検索」〜400,000ドル以下
300,000ドル以上〜800,000ドル以下
800,000ドル以上〜
  • 新着物件
  • 必見! 値下げ物件
  • きれい! リフォーム物件
  • オーシャンビュー物件
  • ゴルフ場近接物件
  • 全物件

 ハワイの一戸建て物件選びのポイントは、まず現地をご自身で確認されることだと思います。日本の方は一般的にワイキキの街の様子はよく御存じだと思いますが、それ以外の街となるといくら狭いハワイとはいえ現地の住宅環境は把握できていないように思います。地図上では海が近くても風が通りにくい住宅地や都市部に近くても渋滞がよく起こるエリアなどご自身が体感することで不動産投資の失敗を未然に防ぐことができるからです。
 一戸建てを購入される方は、ハワイに何回も来ていてご自身が訪れていた街が好きになり長期滞在をご自身で考えられる方か、不動産投資のご経験があり現地ファミリーを対象にした長期賃貸を腰を据えて考えている方が多いです。
 また、温暖なハワイではシロアリ対策をしなければなりませんし、一戸建ての購入時にはしっかりチェックする必要があります。不動産投資が初めてという方でしたら管理面や物件の目利きという点から考えて、ワイキキのコンドミニアムをお勧めいたします。

ハワイ不動産ナビへのお問い合わせ

ハワイのコンドミニアムや別荘の価格や利回り、賃料についてのご質問、ハワイ物件の見学希望もこちらからお気軽にお問い合わせください!

ハワイ不動産ナビ会員限定公開情報

MLS情報 (ホノルル不動産協会 物件データベース)には、掲載されていない ハワイ不動産ナビ”会員限定情報”をご覧いただけます。
 < 会員登録料は無料です! >

ハワイ不動産ブログ

シティスタイルでは、お客様のニーズを丁寧に伺いコンサルティングを行っています。ハワイ現地物件視察の渡航手配から海外不動産購入後の物件管理、税務アドバイスまで一貫したコンサルティングサービスをご提供しております。また、シティスタイルのパートナーである日本やハワイ現地の不動産エージェント・弁護士・公認会計士・税理士・フィナンシャルプランナー・投資顧問など、不動産はじめ各分野のプロフェッショナルが、お客様の多様なご要望にお応えいたします。

ハワイのコンドミニアム(リゾートマンション)、別荘など不動産のことなら、「ハワイ不動産ナビ」にお任せ下さい。ワイキキはじめカカアコ・カハラ・ハワイロアリッジ・ハワイカイのコンドミニアム(リゾートマンション)・別荘・商業ビルなど様々な不動産取引を日本及び現地スタッフが日本語で対応しますので安心です。
資産運用や節税をお考えのお客様に対しまして、海外不動産ならではの減価償却費計上対象の違いを利用した節税メリットや円高を生かした為替メリットを活用できるよう、お客様の資産コンサルティングをサポートさせていただきます。
ワイキキ、アラモアナはじめ、ダイヤモンドヘッドを見渡せるコンドミニアム、トライアングルエリアの別荘、オーシャンビュー物件などお客様のご希望を叶えるハワイの不動産をご紹介いたします。
ハワイでの不動産取引は、海外不動産投資のプロフェッショナルである『ハワイ不動産ナビ』にお任せください。